お知らせスケジュール一覧はこちら

11月19日㈰「としごの会 vol.3〜智丸と弥っこが光妙寺で落語勉強会」
開演:14時 開場:13時30分
会場・光妙寺(JR「玉造」から歩5分、地下鉄「玉造」4番出口から歩6分、東成区玉津1-9-31 )
出演・笑福亭智丸、桂弥っこ(2席ずつ)トークあり
料金:前売1500円 当日1700円
予約・問:toshigonokai@gmail.com
↑弥っこさんとの勉強会、3回目です。どうぞよろしくお願いします!

12月4日㈪「第5回落語芸術大学」
開演:19時
会場・八聖亭 (福島区鷺洲2-9-15エイトワンビルF2 )
出演:旭堂南湖、笑福亭智丸(それぞれ古典、新作2席ずつ)特別ゲスト・笑福亭生喬
料金:予約1200円、当日1500円、学生1000円
予約・ cuclz708@gmail.com  
↑ご予約先着15名様、当日上演する新作の台本プレゼント!

12月29日㈬「笑福亭智丸の伝新有楽vol.9」
開演:18時半 開場:18時
会場:伝楽亭(大阪市旭区今市1-4-34)
出演:笑福亭智丸(落語数席、うち新作ネタおろしもあり) ゲスト・桂恩狸、桂三実 
料金:【1500円(1ドリンク付)/学生1200円(1ドリンク付)】
予約・cuclz708@gmail.com  
↑伝楽亭での勉強会、9回目です。三人で三題噺に挑戦します。席数の都合でお越しいただける場合よろしければ事前にご予約いただければ幸いです。皆様ぜひお越しくださいませ。

笑福亭智丸のツイート

ごあいさつ

なんとなくふんわり丸っこいので智丸という芸名をいただきました。
仁鶴一門の伝統を受け継いだ笑福亭の古典落語をしっかりと、同時に師匠笑福亭仁智の弟子として新作落語の発想を大事にし、古典と新作の双方でお客さんに喜んでいただける噺家を目指しています。

また、小説、詩、書評の執筆など文芸の領域も学生時代から専門としています。

プロフィール

笑福亭 智丸(しょうふくてい ちまる)
本名:疋田龍乃介(ひきた りゅうのすけ)
生年月日:昭和63年11月17日
出身地:大阪市生まれ
紋:五枚笹(笑福亭の定紋)

【経歴】
2004年、大阪市立豊崎中学卒。
2007年、関西大倉高校卒。
2007年、大阪芸術大学入学。 芸術学部文芸学科。
落語研究寄席の会(落研)に入部。第37代会長を務める。
2011年、同大学卒業。
2012年、詩集「歯車VS丙午」上梓
同年の中原中也賞候補、萩原朔太郎とをるもう賞候補に。
2011年、同大学の大学院へ進学。
2013年、修士課程(芸術文化学)修了。
2013年4月1日  笑福亭仁智に入門。3番弟子となる。
2013年6月8日 富山県高岡市にて「動物園」と南京玉簾で初舞台。
出番前に師匠から笑福亭智丸の名前を授かる。
2016年3月31日 丸3年の修行を終え年季明け。



【落語以外の他の余芸】
南京玉簾(一門のお家芸です)
極稀にパフォーマンスとしてポエトリーリーディングをすることもあるかもしれません。

文学

学生時代から文学が好きで、小説や現代詩を読んだり書いたりすることを得意としています。

【経歴】
2006年、北日本文学賞の四次選考まで残る。(筆名)
2008年、大阪ショートショート大賞に入賞。(筆名)
2010年頃~2012年度まで現代詩手帖に投稿。ちょくちょく掲載される。
2012年度、第50回現代詩手帖賞の最終選考でいいとこまで残って落ちる。
2012年11月、それまでの投稿作品を中心にまとめた第一詩集「歯車VS丙午」を思潮社より刊行。
同年の中原中也賞、萩原朔太郎とをるもう賞と、相次いで最終候補となるが、いずれもやはり落ちる。

現代文学や現代詩の着想、技法を活かした新作落語にも挑戦中です。
詩作品と同時に同名の新作落語を作るなど、落語界の文芸派を目指して精進中です。

ご依頼・お問合せ

落語会はもちろんのこと、小中学校から病院、老人ホームなど、地域、内容、ニーズに合わせて幅広いご依頼を請け負っております。
また、創作や書評など、執筆のご依頼も承っております。
いずれもお気軽に一度ご連絡いただければ幸いです。

ご依頼・お問い合わせはこちらにご連絡くださいませ。
chimaru.rakugo@gmail.com

inserted by FC2 system